お気に入りレシピ

RECIPE

よくあるご質問

カテゴリ一覧
会員登録について
会員登録をしましたが、仮会員メールが届きません。
ご登録いただいたメールアドレスが正しいかご確認ください。

正しい場合、迷惑メールフィルタの影響により
受信できなかった可能性がございます。
迷惑メール設定で、ドメイン(em-seikatsu-tsuhan.co.jp)からの
受信を許可するよう設定をお願い致します。

設定が終わりましたら以下のリンクより仮会員登録メールを再送してください。

仮会員メールが届かない方はこちら
個人情報は安全に管理されていますか?
プライバシーマーク制度(JIS Q 15001個人情報保護マネジメントシステム―要求事項)に準拠し、
個人情報の取扱いを適切に行っております。
退会したいです。
ログイン頂いた後、MYページから退会手続きへお進みください。
パスワードを忘れてしまった
パスワードがご不明な場合は、下記のリンクより
パスワードの再発行を行うことができます。

パスワードの再発行はこちら
ご注文について
電話やFAXで注文できますか?
お電話やFAXでもご注文を承っております。

・お電話の場合
 以下の電話番号までお電話ください。
 TEL:0120-850-531(月~土曜 9:00?17:00)

・FAXの場合
 専用のFAX注文用紙にご記入の上、FAX下さい
 FAX:052-703-7022

FAX注文用紙をダウンロード(PDF)
定期的に購入したいのですが、定期購入できますか?
「EM・X GOLD 500ml」に限り、定期購入サービスがございます。
お電話もしくはFAXにてお申し込みいただけます。

申込用紙をダウンロード(PDF)
セット割引やまとめ買いの割引はありませんか?
申し訳ございません。セット割引やまとめ買いの割引は現在行っておりません。
注文後、商品は何日で届きますか?
前払いのお支払を選択された方を除き、基本的にご注文をいただいた翌営業日に出荷手続きをしております。

前払いのお支払の場合は入金を確認次第、翌営業日に出荷手続きを行います。

※天候や交通網により配送が遅れる事がございます。あらかじめご了承ください。
お支払いについて
どのような支払方法が利用できますか?
お支払い方法詳細よりご確認ください。
返品・返金
返品・返金はしてもらえますか?
商品に不良がある場合に限り、返品交換させていただきます。

その場合、弊社までご一報いただき、該当商品を着払いでお送りください。
すぐに良品をお送りいたします。
EMについて
EMとはなんですか?
EM(通称:EM菌*)はEffective(有用な)Microorganisms(微生物たち)の英文の頭文字に由来しています。その名の通り、特殊なひとつの菌ではなく、乳酸菌や酵母、光合成細菌など、どこにでもいる微生物で、人間にとっていい働きをしてくれる微生物の集まりです。
*「EM菌」という菌は存在せず、EM中の微生物の集合体の総称として広く使われています。
EMの特徴を教えてください。
EM(有用微生物群)には次のような特徴があります。

1.嫌気性(空気を嫌う)微生物と好気性(空気を好む)微生物が共存しています。
2.安全性が第三者機関によっても十分に確認されており、使用し続けても人や環境に対して一切無害です。
3.大量に増やす(培養する)方法を公開していて、誰でも安く、簡単にたくさん使用することができます。
4.30年以上の使用実績と世界55ヶ国で製造され、約150ヶ国に技術や情報が伝えられています。

これらを踏まえ安全、ローコスト、ハイクオリティで持続可能な要件を満たす技術として、様々な可能性を持っています。
EMに含まれる微生物が「光合成細菌」「乳酸菌」「酵母」の3つである理由は?
開発当初、EMは、食品分野や自然界から5科10属80余種の安全で有用な微生物を収集し、製品化しました。その後、EMが世界中に普及するにつれて、各国の法律によって求められている品質基準や、一つ一つの菌種に対する煩雑な登録作業が求められたため、EMの登録微生物を少なくしても同じ効力を保つ研究や、従来以上の品質のEMを製造する技術開発を続けてきました。
その結果、光合成細菌、乳酸菌、酵母の標準タイプのものが同時に共存していれば、環境中に増殖する過程において、放線菌、コウジカビ、納豆菌などの有用菌は、自然に増殖するため、結果的に施用現場においては、開発当初の5科10属80余種のEMと基本的性質は保持されていることが明らかになってきました。
現在のEMは、光合成細菌、乳酸菌、酵母を必要不可欠な3種と位置付け、それ以外にも、地域での環境にあわせ、pH3.5以下の条件で共生でき、環境や人体に無害である微生物との組み合わせで作られています。
活性液とはなんですか?
EM1に基質(エサ/糖蜜など)を与えて培養させたものです。
基本的に使い分けや使用方法に違いはなく、ご自宅で、1Lあたり50円程度の材料費でつくることができるのでとても経済的です。
活性液の作り方は「 お役立ち資料」ページの「EM活性液の作り方(PDFファイル 550KB)」をご覧下さい。
EMが口に入っても大丈夫なのですか?
EMは、乳酸菌や酵母などの有用な微生物の集合体で、肌に触れても問題ありません。
万が一口に入っても、全く害のない微生物を使用しています。
EM活性液は日光に当ても大丈夫ですか?
光に当てても大丈夫です。寒い時期は温かい窓辺やビニールハウスの中など日光からの熱が保たれている環境に置いておくと培養がスムーズに進みます。
日光を当てなくても、温度が適切であればきちんと培養できますが、EMを構成する主要菌のひとつ・光合成細菌は日光を好みますので、光をあてた方が、光合成細菌が増えやすくなります。
EM・X GOLDについて
EM・X GOLDは医薬品ですか?
EM・X GOLDは医薬品ではなく発酵飲料(健康食品)です。
特定の薬効成分により症状を抑えたり治したりするものではなく、野菜や果物などの食品のように、多種多様な成分が少量ずつ含まれています。
野菜や果物と異なるのは、EM(有用微生物群)の発酵のチカラにより生み出された成分の性質です。 EM・X GOLDの微細な有用成分は、からだをつくり、防御する栄養成分ではなく、からだ全体の営みを整えるものです。
EM・X GOLDには何が含まれていますか?
EM・X GOLDにはEM(有用微生物群)が発酵の過程で生み出した、わずかな量で身体の働きを調節する役割をもった成分が含まれています。それは酵素よりも小さく、多種多様な成分で耐熱性を持つ、分子量が500Da以下の物質であることが現在わかっています。
タンパク質などの大きさは「分子量(単位はDa)」で表され、1万Da以下の小さいものを低分子と呼びます。(例えば、パイナップルに含まれる、肉を軟らかくする酵素の分子量は3万3,000Daの高分子。消化管から吸収できる物質の大きさは、3,000~4,000Da以下、あるいは1,000以下と言われています。)
EM・X GOLDに含まれる成分の95%は3,000Da以下の低分子で、そのうち、半分以上が500Da以下です。現在、製造元である?EM研究機構が、複数の大学や研究機関と協力しながら、その有用成分を特定する研究を進めています。
EM・X GOLDはいつ飲むのが効果的ですか?
EM・X GOLDは、飲み方に決まりはありません。
【飲む時間】
お好きな時に飲んでいただいて構いません。
どんな食べ物にも共通することですが、空腹時はからだの吸収がよくなっています。「朝食前」や「就寝前」など、ご自身で飲む時間を決めておくと、飲み忘れがないのでおススメです。
【飲み方】
そのままでも、水やお茶、珈琲などに混ぜてお飲みいただいても、ご飯や汁物に入れていただいても結構です。開発者である比嘉照夫教授によると、85℃以上に温めた方が機能性が高まると報告されています。
商品について:農業資材(EM1、糖蜜等)
EM1と活性液の違いは何ですか?
基本的に使い分けや使用方法に違いはございませんが、微生物を活性化させて使う・コスト削減(特に大量使用時)の目的でEM活性液の使用をおすすめしています。

<価格の違い>
EM1は商品として販売されており、1Lで2,160円(8%消費税込)です。一方、EM活性液はお客様ご自身で増やしていただくものなので、1Lあたり50円程度の材料費でつくることができます(水道代を除く)。

<微生物の状態の違い>
EM1は商品として流通上の安定化を図るために、微生物の活性が抑えられています。一方、EM活性液は活性を抑えられていた微生物に基質(エサ/糖蜜など)を与えることにより、活性化させています。活性化させることによって、EMの持つ微生物の働き(効果)をより感じやすくなります。

<保存期間の違い>
EM1は微生物の活性が抑えられているので一定期間の保存が可能です(使用期限は製造より1年)。一方、EM活性液は微生物を活性化させています。微生物も生き物なので、活発に動いた後に死んでしまいます。微生物の動きが悪くなってくると、品質の劣化につながりますので、EM活性液は仕込んでから1ヶ月以内のご使用をおススメしています。

<品質の違い>
EM活性液は、 EM1を培養しているのでEMを構成する様々な微生物が増える速度の違いや培養時の培養比率、環境条件 などによって微生物のバランスが多少異なってきます。
EM1は商品として品質の安定化を図り、製造ロットによって大きな差が出ないようにメーカー努力がされています。