EM生活通販株式会社Webマガジン

オンラインショップへ

私のEM活用法・EM体験談

ご注文ハガキの通信欄にご記入いただいたお客様の声をご紹介します。

眠りの浅い私が、朝目覚ましのアラームが鳴るまで寝られるようになりました。まだ(EM・X GOLDを)飲み始めて1ヶ月!これからまたどんな変化があるかと思うとワクワクします。EMとご縁があったことに感謝しかありません。

友人のすすめで(EM・X GOLDを)始めました。毎日出かけますが疲れを感じない気がします。

イーエムエックスゴールド500ml

乳酸菌・酵母・光合成細菌など、人と環境に安全で有用な微生物だけを集めた“EM”の発酵の力から生まれた微生物が主役の発酵飲料です。
そのままお飲みいただくか、お水やお茶などに混ぜたり、お料理にもご利用いただけます。

EM・X GOLD 500ml 価格:4,650円(税込)
EM・X GOLD 200ml 価格:2,263円(税込)

↑このページのトップへ

EMで解決!安心のエビ、安全なエビ

結のエビ

食べて安心で安全なエビって何だろう? 病気にならないように薬をつかったり、食感を出すために添加物を加えたり。多くのエビは今でもそのようにして養殖されています。 カラダに良くて美味しいものを大切なあの人に...そんな想いから「結のエビ」は生まれました。棲むための水やエサにEMを使い、丹精込めて育てたこだわりのエビです。


タイの地図

海沿いで塩づくりや漁業を、内陸部ではお米や果物をつくるなど、自然の恵みが豊かなタイ中部のペッチャブリーにあるバンクロックという小さな村で結のエビ(バナメイ種)は育てられています。
エビ養殖場の運営はEM研究機構タイ現地法人のEMROアジア社とエビ養殖の経験豊富なニタヤファームのニタヤさんが共同で行っています。 現地の日本人スタッフが生産から加工まで一貫して指導・管理を行っています。

エビの養殖池にはエサや排泄物などの堆積物が溜まり、水が汚れるので、水の入れ替えが必要です。多くのエビ養殖農家は、養殖場の外に汚水を捨てるため、周辺の水環境が汚染されます。また、養殖池の汚れが限界に達し、エビが育たなくなるとその土地を放棄して、新たなマングローブ林を伐採し養殖池を作ります。エビ養殖と水の環境汚染・自然破壊という問題は表裏一体です。そこで、ニタヤファームでは養殖池の水をEM技術と砂ろ過装置を使って浄化する完全な循環システムを作りました。この環境汚染や破壊のない循環型モデルは、同時にエビの病原菌の感染リスクも減らすことができます。
EMROアジア社ではこのエビ養殖モデルを世界に広げて行くため、養殖池の水とエビの肝膵臓および腸管内の微生物叢のデータを収集し、科学的な研究成果とエビ養殖のノウハウを蓄積しています。

エビの養殖場

詳しくは、公式ホームページにアクセス!
現地の様子がわかる動画やレシピなどを掲載しています。

結のエビ 公式ホームページ

EM生活公式オンランショップ 結のエビ 商品一覧

↑このページのトップへ

シャボン玉石けん〜あなたの無添加は本当に無添加ですか?〜

無添加を疑え

最近、「無添加」をうたう化粧品、洗顔料、石けん、合成洗剤が増えてきています。合成界面活性剤などが入っていても香料や着色料など、何か添加物が1種類入っていないだけで「無添加」とうたっているものも多く存在します。
はたしてそれは消費者が思っている「無添加」なのでしょうか?
シャボン玉の無添加石けんは「石けん成分(液体は水も含む)以外は何も入っていない」石けんです。
※「蛍光剤、漂白剤、着色料無添加」は  「蛍光剤、漂白剤、着色料(が)無添加」という意味です。

私たちが伝えたいこと―「石けん」と「合成洗剤」の違い

「石けん」と「合成洗剤」、”モノや肌を洗う洗浄剤”という意味では同じですが、その違いをご存知ですか?用途や形状の違いではありません。そもそも、原料・製法・成分などが異なる、まったくの別物なのです。

「石けん」と「合成洗剤」の違い 洗濯用製品の場合 「石けん」と「合成洗剤」の違い シャンプーの場合

詳しくは動画セミナーをご覧ください!

【You Tube】 シャボン玉石けん(4) 石けん vs 合成洗剤 実際どこが違うの?


★お子様と一緒に「オリジナル固形石けん」を作ってみよう!

固形石けんの作り方1 固形石けんの作り方2

シャボン玉粉石けんスノール 紙袋2.1kg 価格:1,555円(税込)

【ワンポイント】

△了に、エッセンシャルオイルを数滴入れたり、精製水の代わりにハーブの煮出し液を入れて、香りを楽しむお客様もいらっしゃいます。
シャボン玉石けんは無添加石けんです。完成した石けんはなるべく早めにご使用ください。また、香りをつける場合は、ご自身の判断でお楽しみいただきますようお願い申しあげます。

EM生活公式オンラインショップ シャボン玉石けん商品一覧

↑このページのトップへ

EM美味米レポート3 ほたるの居るたんぼを創る会様

今月は長野県高山村のEM美味米の農家さんをご紹介します。ほたるの居るたんぼを創る会の園原さんは、除草剤や農薬を一切使わずにお米を育ててくださっています。写真は7月上旬、手押しの除草機を使って稲と稲の間に生える雑草を刈る作業の一コマ。雑草が稲の生長を邪魔するので、放置すればお米の収穫量が半分になってしまうことも。雑草は強くて、またすぐに生えるので何度もこの作業を行います。「除草剤を使わない」っていうのは、口で言うほど簡単なことじゃないなぁと、つくづく思います。
8月の中旬に稲穂が出そろいました。今年は天候にも恵まれて順調に生育しています。9月下旬の収穫が楽しみですね。

園原さんが田んぼの生態系を大切にしている様子が動画でご覧いただけます。右のQRコードを読み込んでください。「EM美味米 長野県」で検索できます。

【YouTube EM生活】EM美味米農家さん紹介 長野県高山村の園原さん

EM美味米レポート3

↑このページのトップへ

メルマガ購読申込みバナー(会員登録ページへ)オンラインショップに無料会員登録するとメルマガを受け取れます。
EMについて詳しくお知りになりたい方はこちらから
株式会社EM生活のホームページをご覧下さい。 EM・X GOLDシリーズ EM生活公式サイト EM研究機構 ホテルコスタビスタ